IEEE広島支部総会

2018年事業報告 / 2018年予算・決算 / 総会議事録

2018年事業計画

I. 総会

2018年1月31日(水)(ホテル広島ガーデンパレス)

議題

  • 2017年事業報告及び会計報告
  • 2017年SMCセクションチャプター報告
  • 2018年事業計画及び予算案

表彰

  • 2017年功績賞贈呈
  • 第19回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS各賞表彰

II. 事業案

  • 特別講演会(総会終了後)  1回
    平川 正人氏(島根大学 大学院総合理工学研究科 教授)
  • 講演会や意見交換会  主催:5回,協賛・共催・後援等:4回
  • 第20回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS,於 鳥取):1回
  • IEEE広島支部20周年記念イベント(HISSと併催の予定):1回
  • Student会員支援や支部会員へのサービス活性化
  • Society Chapterや学生会の充実
  • Senior Member, FellowへのMembership Upgradeの推進

III. 理事会

  • 第1回 活動計画,学生シンポジウムと20周年記念イベントの準備について 他
  • 第2回 役員選挙,学生シンポジウムと20周年記念イベントの準備について 他
  • 第3回 役員選挙,会員支援,支部活動活性化,学生シンポジウムと20周年記念イベントの準備について 他
  • 第4回 支部活動活性化と2019年度活動計画策定について 他

IV. その他

  • 広島支部2019-2020年役員選挙の実施
  • IEEE会員数増に向けての検討
  • IEEE会員のみを対象とした表彰の検討
  • Student Branchの新設に向けての検討
  • Women in Engineeringの設立に向けての検討
  • 関連学会開催講演会や研究会等との協賛・後援活動の活性化
  • IEEE広島支部学生シンポジウムの他支部との連携を強化

 

2018年予算・決算

【収入】 (単位:円)
予 算 決 算
繰越金
Section Assessment from IEEE
Section Rebate
支部設立20周年記念イベント支援
JC Section 支援費
Student Rebate
利息
HISS繰越金の繰入
財団からHISSへの助成金
1,336,049
1,064,500
492,500
300,000
100,000
6,300
100
2,000
500,000








支部会計 小計 3,801,449
20th HISS会計 小計(支部会計とは別会計) 750,000
合 計 4,551,449
【支出】 (単位:円)
Section Assessment for IEEE JC
Chapter Rebate for SMC28
Section Rebate
総会及び理事会開催費
講演会開催費(謝金・交通費)
支部事業費
郵送費
雑費(事務用品、銀行手数料等)
予備費
HISS運営補助支援費
928,290
30,250
12,649
150,000
200,000
500,000
10,000
100,000
1,070,260
800,000









支部会計 小計 3,801,449
20th HISS会計 小計(支部会計とは別会計) 750,000
合 計 4,551,449

 

総会議事録

期 日:2018年1月31日(水)14:00-15:10
会 場:ホテル広島ガーデンパレス 3階 鶴亀
参加者:正会員出席者12名、委任状56通(会員438名)

議長選出

広島市立大学 小畑 博靖氏に議長を御願いし,承認された.

総会成立

参加者12名,委任状56名により総会成立を宣言した.

議題

  • 2017年事業報告および会計報告
    2017年の事業報告を中西支部長が報告された.
    また,2017年の決算報告を小畑会計幹事が報告するとともに,舟阪会計監査委員による監査結果を報告され,報告内容について以下の質問があった.

    質問:HISS収支報告書の「発表者表彰」には何を含むのか.
    回答:表彰状用紙,副賞,賞状の郵送費を含んでいる.郵送費については,賞状以外の郵送費を含む「雑費」とは別に計上している.
    質問:マイクロン財団の助成金について,支部会計とHISS会計で金額が異なるのはなぜか.
    回答:マイクロン財団からの要望により,支部口座への振込しか行えなかったため,支部口座からHISS口座への送金手続きが必要となった.金額の差は,その際に生じた振込手数料である.
    質問:今回の質問内容については,備考等に明記しておくべきではないか.
    回答:備考や特記事項として明記する.議事録にも掲載する.

    以上の質疑の後,本議題について採決を行った結果,承認された.

  • 2017年SMCセクションチャプター報告
    2017年事業報告をSMC 原 Chairが報告され,報告内容について以下の質問があった.

    質問:メンバ数が減少している点について,メンバ種別の内訳等はどのようになっているのか.
    回答:正確な数は不明であるが,特に学生数が減少している印象はある.役員および役員関係者以外にも加入してもらう活動が必要と考えている.

    続いて,2017年会計報告をSMC広谷Treasurerが報告され,報告内容について以下の質問があった.

    質問:Japan Councilからの受取金は,申請したものか.
    回答:Special Talk, Special Lecture, Awardについて,講師の旅費や資料代として申請し,承認されたものである.
    質問:繰越金に算入される今年分の残金が多すぎるのではないか.
    回答:繰越金の執行先として,ワークショップ等のイベントにおいて論文投稿・査読システムの導入を検討している.あわせて,チャプターの業務で用いるためのPCの購入も検討している.
    質問:会計データの早期登録については問題なく行われているか.
    回答:2017年分の入力はまだ行っていないが,登録先へのログインができることは確認している.

    以上の質疑の後,本議題について採決を行った結果,承認された.

  • 2018年事業計画及び予算案
    中西支部長が事業計画案を説明された.
    続いて,小畑会計幹事が予算案を説明され,説明内容について以下の質問があった.

    質問:昨年と比べて講演会開催費等が大きくなっているが,金額の根拠は何か.
    回答:昨年は講演者が開催地近辺の方で,交通費がかからなかった等の理由で,講演会にかかる支出が非常に少なかった.今年は20周年記念イベント等で遠方の方に講演会を依頼する機会が多くなることが見込まれるため,現在の金額を設定している.

    以上の質疑の後,本議題について採決を行った結果,承認された.

  • その他

表彰

  • 2017年功績賞
    平川 正人氏(島根大学大学院総合理工学研究科 教授)へ,中西支部長より,賞状および副賞等の授与が行われた.
  • 第19回広島支部学生シンポジウムHISS各賞表彰
    中西支部長より,下記の各賞に関して,賞状,副賞等の授与が行われた.

特別功労賞(5名)
桑原 克美,藤江 勇真,武井 瑞月,河田 智治,長尾 博樹 (島根大学)

功労賞(7名)
林 健汰 (広島市立大学)
井上 隼貴 (岡山県立大学)
景山 和仁,本池 優菜 (鳥取大学)
松永 美樹,竹川 響弥,木下 健人 (広島大学)

貢献賞(31名)
長井 祥悟,足立 潔則,伊藤 彰敏,竹村 友佑,加納 寛之,星野 孝明,石川 司,内藤 雅晶,山下 和也 (島根大学)
高田 真資,金城 希望,近藤 貴大,松永 崇秀,稲葉 広幸,森 一憲 (鳥取大学)
堀井 健太郎,谷口 大騎,清水 健介,大隈 晃平,神原 勇太 (山口大学)
森川 史也,矢田部 亮佑,吉野 卓司,都田 龍平,安田 辰吾 (広島大学)
泉 晶貴,泉川 洋介 (広島市立大学)
足立 孝文,近藤 美輝志 (岡山大学)
阪本 永李,依田 直也 (岡山県立大学)

過去の記録

2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 / 2000 / 1999