設立の経緯

1.新支部設立の目的

一万人近い会員をもつ東京支部を分割し、各地に新しくIEEE支部を設立することにより、日本におけるIEEE活動の活性化を促すとともに、特に地方在住の会員へのサービスの向上、それにともなう会員増強、などを実現する。

2.新支部設立検討委員会

新支部の設立を検討するため、各地区代表8名、東京支部理事代表4名、Chapter代表4名からなる新支部設立検討委員会を発足させ、第1回会合を1998年2月18日に開催した。その後検討を重ねた結果、7支部を新設する案で具体化を進めることとなった。

3.新支部設立の申請および承認

検討委員会の答申に基づき設立準備を進め、1998年10月に7つの新支部設立の申請書をIEEE本部に提出し、1998年11月の本部役員会で設立が正式に承認された。新支部の名称、領域、発起人、会員数(1999年2月現在)は以下の通りである。

名称 地域 発起人(Interrim Chair) 会員数
札幌支部 北海道 伊藤 精彦(北海道大) 約160名
仙台支部 東北 樋口 龍雄(東北大) 約380名
名古屋支部 東海/北陸 水谷 照吉(名古屋大) 約690名
関西支部 関西 白川 功(大阪大) 約1,380名
広島支部 中国 雛元 孝夫(広島大) 約240名
四国支部 四国 田崎 三郎(愛媛大) 約110名
福岡支部 九州 牛島 和夫(九州大) 約360名

なお、新支部の発足に伴い、東京支部は関東/信越の地域をカバーする会員約6,430名の支部となる。

4.Japan Councilの設立

上記8つの支部を代表する機関として、Japan Council設立を決め、各支部の代表等17名で構成するJapan Council設立委員会を発足させた。第1回会合を1999年1月19日に開き、Council Bylaws、運営の細則などの検討を行った。Japan Councilの 目的は、IEEE活動の推進、各支部間の交流の推進、各支部の活動支援および日本を代表する役割の行使、および日本全域にわたる活動の推進である。なお、Japan Council設立記念総会が1999年7月23日に開催予定である。

ページのトップへ

$LastChangedDate: 2016-10-31 $

Copyright© IEEE Kansai Section All Rights Reserved