IEEEマイルストーン

IEEE Milestones in Electrical Engineering and Computing は、IEEEの広範な活動分野である電気・電子・情報の分野において達成された画期的なイノベーションの中で、開発から少くとも25年以上経過し、地域社会や産業の発展に多大な貢献をしたと認定される歴史的業績を表彰する制度として IEEE 創立100周年を翌年に控えた1983年に創設された。その狙いは、優れた技術成果に光を当てると共に、それを生み出した技術者に対する社会一般の理解と評価を高めることにある。

電卓の先駆的開発

電卓
全トランジスタ式(1964)を皮切りに、MOS-LSI化(1969)、CMOS化と液晶化(1973)と相次いで先駆的開発と製品化をリードし、小型電卓の普及に大きく貢献した。
詳しくはこちらを御覧ください。

鉄道用自動改札システム

自動改札
通勤客の便利向上を図る先駆的な鉄道自動改札装置が、大阪大学と近鉄の共同研究により1965年に登場した。引き続いて、オムロン、近鉄、阪急の共同開発によるパンチカードと磁気カードを用いた改良型が1967年に実用化され、1971年には19の駅に据え付けられた。
詳しくは こちらを御覧ください。

黒部川第四発電所

黒部川第四発電所
黒部川第四発電所とその関連設備は、関西電力の全社的な不屈の努力により1963年に完成した。このような巨大施設の開発に発展した先駆的な仕事が、戦後の産業発展と生活の質の向上に大いに貢献し、深刻な電力不足と増大する電力需要に対して安定した電力供給を行なうことにもまた大いに貢献した。
詳しくはこちらを御覧ください。

太陽電池の商業化および産業化

太陽電池
1959年の単結晶太陽電池の研究開始から1983年のアモルファス太陽電池の大量生産までの、人工衛星から灯台や住宅応用にわたる総ての用途に対する太陽電池の開発と商業化に専念したシャープの先駆的な仕事は、太陽電池技術の産業化だけでなく地球温暖化の防止にも大いに貢献した。
詳しくはこちらを御覧ください。

日本の一次・二次電池産業の誕生と成長

一次・二次電池
合資会社屋井乾電池は1893年に屋井電池発明特許を取得し、日本の乾電池産業を誕生させ、その発展に貢献した。この偉業を継いで、株式会社GSユアサとパナソニック株式会社は、産業機器および家電製品に搭載する第1次・2次電池の巨大市場を開拓し、日本の電池産業および家電産業を発展させた。
詳しくは こちらを御覧ください。 また、 こちら もしくは こちらも御覧ください。

テレビ用14inch TFT液晶ディスプレイ

TFT液晶ディスプレイ
シャープは、TFT液晶の量産サイズが3インチだった1988年に、テレビ用に14インチのTFT液晶の試作に成功しました。 ブラウン管に匹敵するサイズで高画質表示を実現したことで、フルカラーのポータブルPC用とみなされていた初期TFT液晶産業への他の電機メーカーの参入が促され、TFT液晶産業の黎明期を迎えました。かつて、1960年代にRCA液晶グループが予想した通り、それから20年後、TFT液晶はブラウン管にとって代わるディスプレイとなりました。
詳しくは こちらを御覧ください。 また、 こちら も御覧ください。

日本のマイルストーン一覧 (23)

 
名称 贈呈式開催日
第1太平洋横断ケーブルシステム(TPC-1) 2014年11月12日
20 インチ光電子増倍管 2014年11月5日
テレビ用14inch TFT液晶ディスプレイ 2014年6月10日
音声符号化の基本技術「LSP(線スペクトル対)方式」 2014年5月22日
日本の一次・二次電池産業の誕生と成長 2014年4月12日
ラップトップPC「T1100」 2013年10月29日
G3ファクシミリの国際標準化 2012年4月5日
電界放出型電子顕微鏡 2012年1月31日
直接衛星放送サービス 2011年11月18日
太陽電池の商業化および産業化 2010年4月9日
黒部川第四発電所 2010年4月9日
太平洋横断衛星TV中継 2009年11月23日
高柳テレビジョン 2009年11月12日
フェライト 2009年10月13日
依佐美送信所 2009年5月19日
日本語ワードプロセッサー 2008年11月4日
鉄道用自動改札システム 2007年11月27日
世界標準家庭用ビデオVHSの開発 2006年10月11日
電卓の先駆開発 2005年12月1日
電子式水晶腕時計 2004年11月25日
東海道新幹線 2000年7月13日
富士山レーダー 2000年3月6日
指向性短波アンテナ 1995年6月17日

日本のマイルストーンを巡るTechnical Tour to Japan(2012/5/20-28)

これらのMilestoneを学ぶ機会を提供すべく、IEEE は2012年5月に Technical Tour to Japan を開催いたしました。ツアーには海外から30名近くの 大勢の方々の参加があり、参加者の皆さんは、故きを温ねることの素晴らしさを堪能し,また互いの新しい交流を深める機会としてくださいました。

ページのトップへ

Copyright© IEEE Kansai Section All Rights Reserved