支部

Table of Contents

Chair ごあいさつ

IEEE は、The Institute of Electrical and Electronics Engineers を略したものです。電子情報分野において全世界に 40万人以上の会員を有する世界最大の専門家組織であり、そのミッションは技術革新を通して人間社会に貢献することです。(IEEE's core purpose is to foster technological innovation and excellence for the benefit of humanity.)  その具体的活動は非常に広範であり、研究・開発、教育、出版、標準化に及んでいます。技術革新を引き起こす環境を整備し、具体的研究開発を推進し、その成果をより良い方向で社会に導入するまでを一貫して推進する一大事業体であり、時代と共に進化を続けています。

IEEE 活動は地域単位の Section (支部) を単位として行われています。会員に密着して相互の親睦を図り、専門家活動を支援し活性化することで IEEE の高邁な目的を具現化する基本単位です。日本においては 9個の支部が設けられ、IEEE 関西支部 (IEEE Kansai Section) は、関西地区をまとめています。1998年の設立以来順調に会員数を伸ばし、現在約 2300名で東京支部に次ぐ規模になっています。

関西支部の具体的活動は主に 4つの方向で進められています。第一は、技術分野ごとに構成されている Chapter の活動支援です。Chapter は IEEE の Society 単位の活動の支部版であり、Chapter 主催の講演会やワークショップなどを開催しています。第二は、大学ごとに組織されている Student Branch (SB) の活動支援です。現在関西地区の 7大学に SB が設けられ、学生の英語プレゼン、キャリア形成支援、学術講演等が活発に行われています。第三は、会員を具体的に励ます表彰制度です。Senior Member への昇格を推進する関西支部メダル、IEEE 関連国際会議や IEEE 学会誌に掲載された優れた論文を表彰する学生研究奨励賞、若手の優れた研究者を表彰する Young Professionals (YP) 賞などです。第四は、活動グループ (Affinity Group) 主導による企画推進の活性化です。時代に合った会員の皆様のご要望やご意見を素早く反映する活動を常に計画していきます。

今を生きる技術者の皆さんの悩みは、技術革新が非常に早いことと、技術と市場が一筋縄ではいかない複雑性を持っていることではないでしょうか。また、自分が遅れをとって役に立たなくなるのではないかという恐怖もあります。確かに、技術革新を引き起こすのは若い技術者の皆さんの力ですが、その成果は運に大きく左右されます。その運を掴む上で大切なことは、組織と技術分野を超えた良質な人的ネットワークです。IEEE 関西支部は、組織の枠を越えて技術者が出会う場を提供することにより、世界規模において、技術者の皆様の視野を広げ、人脈を広げるお手伝いを致します。技術開発にかかわる若い技術者の皆様の参加を心よりお待ちしています。

2015年 2月
IEEE 関西支部 Chair 山内寛紀

関西支部とは?

関西支部は、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県所属の IEEE 会員の皆様で構成されています。

会員資格アップグレード

  • Senior Member へのアップグレード
    • IEEE 関連分野の技術者、科学者、教育者、技術管理者で、少なくとも 10年間専門的業務に携わっており、そのうち 5年間にわたり重要な業績を挙げた方 (大学・高専等での研究・教育経験、企業での開発研究のリーダー、技術管理者経験等) であれば Online で申請できます。
    • 関西支部では、新たに Senior Member になられた方に 関西支部メダル を贈呈しています。
  • Fellow へのアップグレード
    • 5年以上の IEEE 会員資格 (グレードは問いません) を持つ Senior Member の方が推薦対象です。

その他の手続き等

ページのトップへ

$LastChangedDate: 2016-10-31 $

Copyright© IEEE Kansai Section All Rights Reserved