IEEE 関西支部 Young Professionals 賞について

2016年 5月 13日
IEEE 関西支部
支部長 山内 寛紀

IEEE 関西支部 Young Professionals 賞

1. 賞の趣旨

IEEE 関西支部に属する学生会員ならびに大学、企業等に勤務する若手会員の中から直接あるいは間接に支部活動に貢献した者、IEEE 活動を通じて技術分野の発展に貢献した者などを選び表彰する。具体的には次に例示する貢献の内容を中心に評価し、3種類の表彰を行う。

  1. 学生会員

    • 学生支部の創設や活動におけるリーダーシップ
    • ウェブマスターなど電子的手段による支部活動の活発化
  2. 大学や研究所の若手会員

    • IEEE が発行する論文誌、IEEE 主催、共催または協賛する国際会議での技術的な発表
    • 研究・教育に関連したグループやプロジェクトにおけるリーダーシップ
  3. 企業の若手会員

    • IEEE 主催、共催または協賛する国際会議における開催支援活動におけるリーダーシップ
    • 社内外での技術的な発表や出版
    • 社内外における技術活動グループやプロジェクトにおけるリーダーシップ

2. 受賞者の決定方法

推薦 (nomination) された候補者 (nominee) の中から、学生会員、大学や研究所の若手会員、企業の若手会員の各種別ごとに受賞者を決める。

3. 候補者の資格

候補者は推薦の時点で IEEE 関西支部会員 であり、これまで IEEE 関西支部 GOLD 賞、IEEE 関西支部 Young Professionals 賞のいずれも受賞したことがなく、原則、次の要件を満たすこと。すなわち、学生会員であるか、学部卒業 (相当) 後 15年以内のいずれか の者であること。候補者は自分を推薦することはできない。

4. 推薦 (nomination) の手続き

推薦者 (nominator) は IEEE 会員でなければならない。推薦者は候補者に関する推薦資料を添えて 10月 5日 (水) までに授賞委員会 (Awards Committee) へ申請する。推薦資料の様式は以下の (6.) に定める。なお、提出時に 2人以上の参照人 (reference) を指定しなければならない (これらの参照人のうち少なくとも 1人は IEEE 会員であること)。推薦者は、候補者について記入済みの推薦資料の写しと未記入の「参照人による支援資料様式」(7.) を各参照人に送付し依頼を行う。

5. 参照人 (references)

推薦者により指名された 2人以上の参照人 (このうち少なくも 1人は IEEE 会員であること) は、別途個々に、候補者についての支援資料を Awards Committee (授賞委員会) に提出する。支援資料の様式は以下の (7.) に定める。
提出期限は 11月 10日 (木) とする。期限までに少なくとも 2人の支援資料が提出されない場合には推薦の効力を失う。

6. 推薦資料様式

[PDF] [MS-Word]

7. 参照人による支援資料

[PDF] [MS-Word]

8. 授賞

授賞は IEEE 関西支部総会にて受賞者出席の下で行う。なお学生会員、大学や研究所の若手会員、企業の若手会員の種別ごとに審査し、該当者がいない場合はその種別についての授賞を行わない。受賞者には記念品が贈られる予定である。

9. 提出先及び問い合せ先

本件に関するご質問などありましたら、下記の Awards Committee Chair 迄お問い合わせください。

IEEE 関西支部 Awards Committee Chair

〒565-0871 大阪府 吹田市 山田丘 1-5
大阪大学 大学院 情報科学研究科
土屋 達弘
Tel: 06-6879-4535
E-mail: ac-kansai<at>ieee-jp.org

IEEE 関西支部 Young Professionals 賞 受賞者

2015年受賞者 畑 秀明 (奈良先端科学技術大学院大学)
2014年受賞者 栗林 稔 (神戸大学)

(敬称略)

IEEE 関西支部 GOLD 賞 受賞者

2013年受賞者 関 宏理
山下 将卓
(関西学院大学)
(同志社大学)
2012年受賞者 肥後 芳樹 (大阪大学)
2011年受賞者 梅田 英和
山本 高至
(パナソニック)
(京都大学)
2010年受賞者 岩居 健太
金子 幸広
Ehssan Sakhaee
(関西大学)
(パナソニック)
(大阪大学)
2009年受賞者 大亦 真一 (立命館大学)
2008年受賞者 池田 侑一郎
藤本 義久
(兵庫県立大学)
(シャープ)
2007年受賞者 日向 文彦
土屋 達弘
(京都大学)
(大阪大学)
2006年受賞者 川口 博
中島 智晴
(神戸大学)
(大阪府立大学)
2005年受賞者 原 隆浩 (大阪大学)
2004年受賞者 密山 幸男 (大阪大学)
2003年受賞者 大杉 直樹 (奈良先端科学技術大学院大学)
2002年受賞者 ランバツェン ゲウテ (立命館大学)
2001年受賞者 近村 啓史 (京都大学)
2000年受賞者 三浦 浩一 (大阪大学)

(敬称略)

ページのトップへ

(参考) IEEE 関西支部 Young Professionals 賞への名称変更について

IEEE 本部では、従来の “GOLD” の名称を “Young Professionals” へと変更いたしました。その上で、Young Professionals の基準を、従来の GOLD の基準である「大学卒業後 10年」から「大学卒業後 15年」 (fifteen years from the first professional degree) とする規則変更を 2014年 8月 15日より実施することとなりました。

上記の変更に伴い、IEEE 関西支部においても、IEEE 関西支部 GOLD 賞の名称や推薦される候補者の資格変更に関して理事会で協議した結果、下記の通り変更し、2014年の募集から適用することとなりました。

  • 名称を IEEE 関西支部 Young Professionals 賞とする。(略称: IEEE 関西支部 YP 賞)
  • 候補者は推薦の時点で IEEE 関西支部会員であり、学生会員か学部卒業 (相当) 後 15年以内のいずれか

なお、本件に関する IEEE 本部の情報は下記 URL を参照下さい。

ページのトップへ

$LastChangedDate: 2016-10-31 $

Copyright© IEEE Kansai Section All Rights Reserved