学会などの協賛または後援申込み

IEEE福岡支部では、学会などの「協賛」または「後援」事業を行っております。
「協賛」は支援金を伴う支援事業、「後援」は支援金を伴わない支援とします。
なお、学会などのホームページやチラシ等へ本協賛・後援に関して掲載をされる場合は、
英語表記の場合は、協賛・後援いずれの場合も「Supporter IEEE Fukuoka Section」
日本語表記かつ協賛の場合は、「協賛:IEEE Fukuoka Section」
日本語表記かつ後援の場合は、「後援:IEEE Fukuoka Section」
とご記載ください。

協賛・後援の支援事業内容:支部会員メーリングリストによる開催案内を行います。
さらに,「協賛」としてお申し込みの場合は,支援金(1万円)を支出いたします。
ただし,開催規模が大きなイベント(参加者にIEEE会員が延べ30名以上,含む
学生会員)の場合,主催者から希望がある場合のみ2万円を支給可能とします。

申込み方法

  1. 申込みは開催前に限ります(できるだけ早めにお願いします).
  2. 開催の後,以下の報告をしてください.
  3. 以下の担当役員まで申し込みください.
     重井徳貴(Professional Activities Committee Chair, IEEE Fukuoka Section)
     E-mail:shigei(atmark)eee.kagoshima-u.ac.jp

     TEL: 099-285-8416

     鹿児島大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻

●申込み様式

[区 分] 協賛(支援金あり)・後援(支援金なし)
[日 時] 平成 年 月 日 ( ) 時 分〜 時 分
[場 所]
[演 題]
[研究会名]
[講 師] 氏名 所属
[担 当 者] 氏名
所属
連絡先
[その他連絡事項]

申し込み後の流れ

  • 受付後、事務局より以下の点を問い合わせします。
  • 支部会員へメーリングリストで配信する案内の原稿(日本語を理解しない会員もいらっしゃる可能性があるので、英文の概略もなるべく併記してください。)
  • 支援金の送金方法(銀行振込または現金書留郵送)
  • (支援金要の場合)支援金使途(謝金、お菓子代、ポスター代、その他)
  • 1〜2週間後ぐらいに、理事会で承認,その後メールにて可否を連絡。
  • 開催1ヶ月くらい前に、メーリングリストで広告(配信は通常1回が多いのですが、開催までにかなり時間があるときは2回、半年くらい前に一度配信し、1ヶ月くらい前に再度配信するなど、配信することもあります。)
  • イベント開催までに、支援金を送金。

イベント開催後、領収書と報告書を事務局へご提出ください。

メーリングリスト案内原稿の内容

テキストのみで作成してください。Webへのリンクがある場合は、アドレスをテキストで書いてください。 国際学会という性質上、英文の概略もなるべく併記してください。 基本的に申込者から完成した原稿をいただいております。 事務局にて案内の頭に下記の挨拶文を追加しております。

IEEE福岡支部会員各位


IEEE福岡支部では、下記の講演会を協賛・後援いたします。
奮ってご参加ください。
                IEEE Fukuoka Section
                Chair  ○○ ○○


           記



報告書の書式 (電子メールで可)

メールで、以下の内容を開催後にお知らせくださるよう、事前にお願いしております。 なお*印のところが必須項目となっております。

== Meeting Report Form ==
1. Event Title:* (256 chr max)
2. Event Category:* (Choose one: Professional, technical, Nontechnical, Administrative)
3. Event Description in Format:* (8192 chr max, either in Text, HTML, Textile)
4. Meeting Keywords:* (512 chr max)
5. Number of Guest Attendance:*
6. Number of IEEE Member Attendance:*
7. Admission Charge?:* Y or N (Optional food or facility expenses not considered an admission charge)
8. Invite Students?:* Y or N
9. Start Time:* 20yy/mm/dd tt:mm
10. End Time:* 20yy/mm/dd tt:mm
11. City:* (128 chr max)
12. Country:
13. State/Province:
14. Cosponsor Name: (256 chr max)
15. Meeting Contact E-mail: (512 chr max)

== 1st speaker_report ==
1. Is 1st speaker Distinguished Lecturer?: Y or N
2. Topic: (120 chr max)
3. Prefix: (16 chr max)
4. First Name: (64 chr max)
5. Middle Name: (64 chr max)
6. Last Name: (64 chr max)
7. Suffix: (32 chr max)
8. Display Name: (256 chr max)
9. Address Line 1: (128 chr max)
10. Address Line 2: (128 chr max)
11. City: (128 chr max)
12. Country:
13. State/Province:
14. Postal Code: (16 chr max)
15. E-mail Address: (128 chr max)
16. Organization: (256 chr max)

== 2nd speaker_report ==
1. Is 2nd speaker Distinguished Lecturer?: Y or N
2. Topic: (120 chr max)
3. Prefix: (16 chr max)
4. First Name: (64 chr max)
5. Middle Name: (64 chr max)
6. Last Name: (64 chr max)
7. Suffix: (32 chr max)
8. Display Name: (256 chr max)
9. Address Line 1: (128 chr max)
10. Address Line 2: (128 chr max)
11. City: (128 chr max)
12. Country:
13. State/Province:
14. Postal Code: (16 chr max)
15. E-mail Address: (128 chr max)
16. Organization: (256 chr max)

※IEEE Distinguished Lecturerとは、各ソサエティが、「世界的に通用する業績を上げた方」を対象に、毎年何名かを「Distinguished Lecturer」として認定しています。
その称号を有している方々を言います。具体的に、Distiguished Lecturer全員を一括表示しているサイトはございませんが、一部のソサエティでは下記のように掲示されています。
http://www.ieee.org/about/volunteers/tab/distinguished_lecturer_program.html

領収書(支援金要の場合)

必要です。領収書はメール添付か郵送にてお送りします。 領収書には、担当者ではなく講演者ご本人のサインをお願いします。(講師謝礼の場合) 源泉徴収は行っておりませんので、納税はご本人の責任で行ってください。(講師謝礼の場合)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-12 (水) 16:44:31 (11d)