IEEE Systems, Man, and Cybernetics (SMC) Hiroshima Chapter

設立経緯と理念,歴史

2019年07月05日

Overview:

IEEE SMC Hiroshimaセクションは,IEEE System, Man, Cyberneticsソサイエティのもと,2005年11月に設立されました.このセクションの活動は,計算機における知能化技術やその応用分野において,研究,教育を行うだけでなく,産業や社会に対し学術的交流を実施することを含んでいます.特に,人間工学,エネルギープロセス工学や知的システムに対する技術に対しては,このセクションでさまざまに議論されています.

Objectives:

本セクションでは,次のような中長期的な目標があります.

  • このセクションでは,学生会員を含め,IEEEに入会をお勧めします .
  • 科学と工学において,企業との交流,研究会を促進します.
  • 環境,社会システムなどに対する目標を設定し,研究グループを形成します.

Organizing Committee:

Chair: 林田 智弘 (広島大学)
Vice Chair:田村 慶一 (広島市立大学)
Secretary: 広谷 大助 (県立広島大学)
Treasurer: 串田 淳一 (広島市立大学)
Auditor: 原 章 (広島市立大学)