HOME > 組織

活動内容

  • CSS主催行事
    2015年度
  1. The 54th IEEE Conference on Decision and Control (CDC)
    CSS の年次大会である Conference on Decision and Control (CDC) が, 2015年度は大阪で開催されます. CSS Kansai Chapter では Local Committee for CDC 2015 を組織し, 本 CDC の Organizing Committee の活動をサポートしています.

    CSS Kansai Chapter Local Committee for CDC 2015
    Shun-ichi Azuma (Kyoto Univ.)
    Yoshio Ebihara (Kyoto Univ.)
    Naoyuki Hara (Osaka Prefecture Univ.)
    Naoki Hayashi (Osaka Univ.)
    Kenji Kashima (Kyoto Univ.)
    Masaaki Nagahara (Kyoto Univ.)
    Kentaro Ohki (Kyoto Univ.)
    Takayuki Wada (Osaka Univ.)
  • 主催行事
    2015年度
  1. 講演会,講演: A Unified View of Sampled-Data Control Systems, 講師: Professor Jose C. Geromel, (School of Electrical and Computer Engineering, UNICAMP, Brazil) (2015/12/9)

  • 共催行事
    2017年度
  1. 講演会,講演: 局所動的相互作用の設計による大域パターン生成, 講師: 岩崎 徹也 博士 (米国 カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 教授) (2017/5/17)
  2. 講演会,講演: (i)題目: Sliding Mode Controllers and Sliding Mode Control for Multi-input Nonlinear Uncertain Systems, 講師: Elisabetta Punta 博士 (イタリア CNR-IEIIT),
    (ii)題目: Randomized Algorithms and Uncertain Systems: Aeronautical Applications, 講師: Elisa Capello 博士(イタリア トリノ工科大学 / CNR-IEIIT) (2017/6/7)
    2016年度
  1. 講演会,講演: On the hierarchical risk-averse control problems for diffusion processes, 講師: Getachew K. Befekadu 博士 (フロリダ大学工業システム工学科) (2016/8/3)
  2. 講演会,講演: Nonlinear Control Problems in Human Head Rotation and Binocular Vision, 講師: Professor Bijoy K. Ghosh (Dick and Martha Brooks Regent Professor of Mathematics and Statistics, Texas Tech University) (2016/5/19)
    2015年度
  1. 講演会,講演: Minimal Information for Real-Time Estimation and Control: A Semidefinite Programming Approach, 講師: Dr. Takashi Tanaka (Postodoctoral Associate, LIDS, MIT) (2015/4/14)

    2014年度
  1. 講演会,講演: A Kushner-Stratonovich stochastic method for non-linear dynamical systems (非線形動的システムに対するクスナー・ストラトノビッチ確率手法)、 講師:Dr. Shambhu N. Sharma (National Institute of Technology, Surat, India)(2014/11/4)
  2. Mini-Workshop on Dependable Energy Management (2014/9/1)
  3. 講演会、講演: ランダム摂動による多チャンネル制御システムの解析、 講師:Getachew K. Befekadu 博士(ノートルダム大学電気工学科) (2014/7/7)
  • 協賛行事 (依頼中を含む)
    2018年度
  1. 第5回 制御部門マルチシンポジウム (2018/3/8-11)
  2. 平成29年度 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2018/1/12)
    2017年度
  1. 第60回 自動制御連合講演会 (2017/11/10-12)
  2. システム制御情報学会セミナー2017 「人間拡張工学の最先端」 (2017/11/9)
  3. The 49th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (2017/11/3,4)
  4. システム制御情報学会・計測自動制御学会 チュートリアル講座2017 (2017/7/14)
  5. 第4回 計測自動制御学会 制御部門 マルチシンポジウム (2017/3/6-9)
  6. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2017/1/13)
    2016年度
  1. システム制御情報学会セミナー2016「データが拓く人工知能」 (2016/11/16)
  2. 第59回自動制御連合講演会 (2016/11/10-12)
  3. The 48th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (2016/11/4,5)
  4. ISCIE・SICE チュートリアル講座「飛行ロボット 〜空の産業革命を支える技術〜」(2016/7/15)
  5. 第3回 計測自動制御学会 制御部門 マルチシンポジウム (2016/3/7-10)
  6. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2016/1/8)
    2015年度
  1. The 47th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (2015/12/5-8)
  2. 第58回自動制御連合講演会 (2015/11/14-15)
  3. ISCIE・SICE チュートリアル講座「コンピュータシミュレーション技術の過去・現在・未来」(2015/6/18)
  4. 第2回 計測自動制御学会 制御部門 マルチシンポジウム (2015/3/4-7)
  5. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2015/1/16)
    2014年度
  1. 第57回自動制御連合講演会 (2014/11/10-12)
  2. The 46th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications (2014/11/1-2)
  3. ISCIE・SICE チュートリアル講座「自動車運転支援技術の基礎から最新動向まで」(2014/7/22)
  4. 第1回 計測自動制御学会 制御部門 マルチシンポジウム (2014/3/4-7)
  5. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2014/1/17)
    2013年度
  1. 第45回 ストカスティック システム シンポジウム (2013/11/1-2)
  2. 第56回自動制御連合講演会 (2013/11/16-17)
  3. ISCIE・SICE チュートリアル講座「実用的な制御系設計のためのPIDゲインチューニング −使い所と勘所−」(2013/7/25)
  4. 第13回計測自動制御学会制御部門大会 (2013/3/5-8)
  5. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2013/1/18)
    2012年度
  1. 第55回自動制御連合講演会 (2012/11/17-18)
  2. 第44回 ストカスティック システム シンポジウム (2012/11/1-2)
  3. ISCIE・SICE チュートリアル講座「モデル予測制御 ―基礎から最新動向, 応用例まで―」(2012/6/21)
  4. 第12回計測自動制御学会制御部門大会 (2012/3/14-16)
  5. 計測自動制御学会制御部門ワークショップ (2012/3/13)
  6. 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2012/1/19)
  • 設立記念行事(終了) 

IEEE Kansai Section CSS Chapter設立記念行事

日時:2012年3月16日(金)16:00開始、17:30終了

会場:奈良県文化会館、2階小ホール(SICE制御部門大会会場)

http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1717.htm

(制御部門大会登録者でなくても、どなたでも参加できます。)

祝辞:

IEEE Kansai Section Chair 片桐滋 教授(同志社大学)

IEEE Control Systems Society President-elect 山本裕 教授(京都大学)

チュートリアル講演: システム制御工学における 「モデル」 の役割

足立 修一 教授(慶應義塾大学)

講演概要: 制御理論は Maxwell の論文 ''On governors" (1868) をもって嚆矢とするが,そこではガバナの運動が3階微分方程式で記述できる,すなわちモデリングできることが書かれていた.このように制御理論の歴史はモデリングの歴史といっても過言ではなく,現在でも制御のためのモデリングに関する研究が精力的に行われている.本講演では,システム制御工学における「モデル」の役割について,その歴史的背景から研究の最前線までを駆け足で述べてみたい.