共催行事および協賛行事のご案内

IEEE CSS Kansai Chapterは下記の行事に関して共催ないし協賛をしております. 有料行事についてもChapter memberは主催団体の会員価格で参加いただけますので, ご検討ください.

------------------------------------------------------------------
講演会のお知らせ

題目:局所動的相互作用の設計による大域パターン生成

講師:岩崎徹也 博士(米国 カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 教授)
   ※現在、京都大学客員教授

開催日時:2017年5月17日(水)13:00〜14:30

場所:大阪大学 吹田キャンパス情報科学研究科 C棟1階 C101 室(住所:吹田市山田丘 1-5)

概要:樹木や血管の分岐構造、干ばつ地面や鱗の模様、渡り鳥の編隊飛行、台風、蛇のうねり、銀河系など自然界には多くの物理的パターンが種々のスケールで存在する。これらの幾つかに共通する特徴は、多くの動的要素が局所的に互いに作用し合うことによりひとつのシステムを構成し、ある種の安定な平衡状態として大域的なパターンを形成していることである。その原理を解明することは、自然現象の理解を深めるばかりでなく工学における新しい機能創生に応用が期待できる。我々はパターン生成を目的とした一般制御理論を構築することを目指し、生物の周期運動をつかさどる神経制御系のモデリングと解析を行ってきた。本発表では、蛭の泳ぎを例にパターン生成問題を動機づけし、一般的なマルチエージェント系としての定式化を行い、その解を示す。具体的には、異種の動的要素が複数与えられたとき、局所的な相互作用のフィードバック則を設計することにより所望の大域的パターン(状態空間における相対運動) を生成する問題を考える。主な結果として、線形系の場合この問題が固有構造の埋め込みに帰着されること、局所・大域構造分解とダブル観測器により異種要素の任意パターン発生が同種要素の同期に帰着できることなどを示す。

略歴:1987 年東京工業大学電気電子工学科卒業後、1993 年米国Purdue University 航空宇宙工学科博士課程修了。その後、東京工業大学知能システム科学専攻助手、講師を経て1997 年同大学制御工学科助教授。2000 年米国University of Virginia 機械航空工学科助教授、2002 年准教授、2004 年教授。その後2009 年UCLA 機械航空工学科教授となり現在に至る。専門は制御理論、生物の運動制御原理など。

企画:日本学術振興会科研費基盤研究(C)
   研究課題「制御システムにおけるディペンダビリティの解析と設計」
   (研究代表者:藤崎泰正)

共催:IEEE Control Systems Society Kansai Chapter

担当:藤崎泰正(大阪大学大学院情報科学研究科情報数理学専攻)
   (教員室TEL: 06-6879-7868, Email: fujisaki (at) ist.osaka-u.ac.jp)

------------------------------------------------------------------
The 49th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications

開催日時:2017年11月3日-4日

主催:ISCIE (The Institute of Systems, Control and Information Engineers)

協賛:(予定) The Society of Instrument and Control Engineers (SICE), The Institute of Electrical Engineers of Japan (IEE), The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), The Japan Society for Industrial and Applied Mathematics (JSIAM), Information Processing Society of Japan (IPSJ), Research Institute of Signal Processing Japan (RISP), IEEE Control Systems Society Japan Chapter, IEEE Control Systems Society Kansai Chapter, IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter, IEEE Signal Processing Society Kansai Chapter, Hiroshima Institute of Technology (HIT)

------------------------------------------------------------------
第60回 自動制御連合講演会

開催日時:2017年11月10日(金)〜12日(日)

主催:計測自動制御学会(幹事学会),システム制御情報学会,日本機械学会,化学工学会,精密工学会,日本航空宇宙学会,電気学会

協賛:(予定) 映像情報メディア学会,応用物理学会,可視化情報学会,画像電子学会,環境システム計測制御学会,計装研究会,自動車技術会,照明学会,信号処理学会,人工知能学会,石油学会,センシング技術応用研究会,電子情報通信学会,土木学会,日本応用数理学会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,日本感性工学会,日本学術会議, 日本経営工学会,日本原子力学会,日本建築学会,日本行動計量学会,日本生物環境工学会,日本磁気学会,日本シミュレーション学会,日本神経回路学会,日本神経科学学会,日本生産管理学会,日本生体医工学会,日本生物物理学会,日本設計工学会,日本繊維機械学会,日本船舶海洋工学会,日本体力医学会,日本知能情報ファジィ学会,日本鋳造工学会,日本鉄鋼協会,日本人間工学会,日本熱測定学会,日本熱物性学会,日本バーチャルリアリティ学会,日本非破壊検査協会,日本フルードパワーシステム学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本リモートセンシング学会,日本ロボット学会,農業機械学会,バイオメカニズム学会,パワーエレクトロニクス学会,ヒューマンインタフェース学会,IEEE Control Systems Society Japan Chapter,IEEE Control Systems Society Kansai Chapter, IEEE Circuits and Systems Society Kansai Chapter, IEEE Geoscience and Remote Sensing Society Japan Chapter

IEEE Control Systems Society Kansai Chapter の設立について

大阪大学 池田雅夫先生の呼び掛けにより2011年の5月以来, IEEE 関西支部を通じて申請手続きを進めてまいりましたが, 今般 (2011年8月8日) 正式に IEEE Control Systems Society Kansai Chapter の設立が承認されました. また, 設立後の可否投票の結果, 以下の役員が選出されました.

Chapter Chair: 杉本 謙二(奈良先端大)

Vice Chair: 萩原 朋道(京都大学)

Secretary: 平田 健太郎(奈良先端大)

Treasurer: 蛯原 義雄(京都大学)

関係各位におかれましては, 今後の活動にご支援を賜りますようお願い申し上げます.

初代 Chapter Chair: 杉本 謙二(奈良先端大)

最新情報&更新情報

2017.4.21 協賛行事のご案内をアップしました

2016.7.27 協賛行事のご案内をアップしました

2016.5.17 協賛行事のご案内をアップしました

2014.10.30 協賛行事のご案内をアップしました

2014.5.12 協賛行事のご案内をアップしました

2014.4.7 協賛行事のご案内をアップしました

2013.11.28 協賛行事のご案内をアップしました

2013.10.7 協賛行事のご案内をアップしました

2012.1.27 設立記念行事の情報をアップしました

2011.10.17 サイトをオープンしました!