IEEE
Consumer Electronics Society
West Japan Joint Chapter

Contents menu

サイトマップ(作成中)
ヘルプ(作成中)
English
(Under construction)


 

今後の予定

IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会 2018年1月21日

海峡メッセ下関にて、IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会を開催します。多くの方の参加をお待ちしています。

■日時:2018年1月21日(日)13:15 - 16:45
■議題:コンシューマエレクトロニクス及び一般
■会場:海峡メッセ下関803会議室
・住所:山口県下関市豊前田町3丁目3-1
・交通案内:JR下関駅から徒歩7分
http://www.kaikyomesse.jp/access/
■主催
IEEE CEソサイエティ西日本チャプタ
■講演ならびに参加資格:制限なし
(IEEE CE Society会員であることを推奨する)
■講演ならびに参加費:無料
■世話人:山口大学大学院創成科学研究科 山口 真悟 0836-85-9510

■スケジュール
・講演申込〆切 2017年11月30日(木)24:00
・予稿提出〆切 2018年1月8日(月)16:00(厳守)

■講演申込方法
以下の講演申込書にご記入の上、11月末日までに、
世話人(shingo@yamaguchi-u.ac.jp)へお知らせください。
[講演申込書]- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
講演題目:
予稿著者(共著者含む):
※各著者のご所属をお名前の後ろに括弧書きしてください
連絡者:
E-mail:
電話:
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

■予稿作成方法
・サイズ:A4
・長さ:1〜6ページ
・雛形
以下の利用を推奨します:
≪Wordの英語版と日本語版, Latexの英語版≫
http://www.ieee.org/conferences_events/conferences/publishing/templates.html
≪Latexの日本語版≫
http://www.ieee-jp.org/section/kansai/chapter/ces/IEEEtran_j.cls
・印刷:白黒になりますので、ご留意ください

■予稿提出方法
A4サイズのPDFに変換し、2018年1月8日(月)16:00(厳守)までに世話人(shingo@yamaguchi-u.ac.jp)へお送りください。
メイルの件名は
「IEEE CES1月研究会原稿:(筆頭著者名)」
としてください。

■講演要領
各講演は,発表15分・質疑応答5分を予定しています.プロジェクターを用意します(OHP不可).PCは講演者が各自ご用意ください.

■懇親会
予定しています.

■問い合わせ先
山口大学大学院創成科学研究科 山口真悟
TEL:0836-85-9510
E-mail:shingo@yamaguchi-u.ac.jp

皆様からのお申し込みをお待ちいたしております.

GCCE 2017が無事終了

第6回GCCEを10月24日から27日にウインクあいちで開催しました。
次回のGCCE 2018は奈良にて10月9日から12日に開催予定です。ご投稿・ご参加を心よりお待ちしております。

2017年1月研究会が無事終了

IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会を2017年1月20日、海峡メッセ下関において開催しました。

GCCE 2016が無事終了

第5回GCCEを10月11日から14日にメルパルク京都で開催しました。
次回のGCCE 2017は名古屋にて10月24日から27日に開催予定です。ご投稿・ご参加を心よりお待ちしております。

Stefan Mozar氏の特別講演会が無事終了

■日時:2016年10月10日(月)11:00 - 12:00
■会場:ベーコンラボ京都駅
・住所:京都市下京区東洞院七条下ル塩小路町520三ツ林ビル4F会議室
・交通案内:JR京都駅から徒歩2分
http://minakata-science.com/
■演題: The Revolution in Consumer Energy - The Effects of Mobility and Pseudo Green Technology -
■講師:Mr. Stefan Mozar (IEEE Fellow, Past President of IEEE CE Society)
■概要:
Energy consumption patterns in a connected world have changed our household energy foot print. The choices available to buy energy, and the introduction of digital technology affects the way we consume energy. This presentation will look at the driving forces of our changing energy requirements. Consumers have the option in deregulated markets to disconnect themselves from the grid, and generate their own energy. Many products make claims of energy efficiency that are simply misleading, and technologies such as wireless charging have fine print disclosures to justify their claims of energy efficiency. Legacy systems are impeding the integration of new technologies, due to the high cost of change. Environmental consideration take a backseat for convenience, and consumer technology engineers must find ways to design energy efficient products that are safe, light and ergonomic. This is a formidable task.
■講師:
Stefan Mozar obtained his engineering degrees from the University of New South Wales (Sydney), and his MBA from the University of Technology, Sydney. He is a Chartered Professional Engineer (C.P.Eng.), and a register Professional Engineer in Australia. He is a Fellow of the Institution of Engineers Australia, and of the IEEE.
His experience includes consumer electronics, telecommunications, and industrial electronics. He spent most of his career in R&D labs; but has also taught for a number of Australian, Asian, and British Universities. Currently is an Adjunct Professor at Guangdong University of Technology, China. He has extensive experience in designing consumer products, and telecommunications equipment. For these systems he helped design and establish factories in India and Vietnam. He has contributed to projects that won about 30 international design awards in a number of countries like Australia, New Zealand, Singapore, Malaysia, Korea, Japan, China, Chile, Argentina, and Brazil. His work has resulted in a number of patents and publications, as well as some book chapters. Stefan is frequently invited as keynote speaker, and has developed many short courses, including some on DTV, Cable TV, and Satellite Systems.
Stefan served on the board of the IEEE Consumer Electronics Society as President, where he successfully established a series of global conference and introduced the CE Magazine. He is also the VP of conferences for the Product Safety Engineering Society, and the CEO of Dynexsys, a Sydney based technology consulting company. He received numerous IEEE awards.

シンポジウム「IoT時代の観光・MICE産業におけるオープンデータの活用」が無事終了

開催日時:2016年9月1日(木)13:15 〜 16:20
開催場所:大阪コングレコンベンションセンター ルーム 1・2・3
主 催:(公財)大阪観光局、IEEE CES 西日本 Chapter
主な内容:
‐基調講演(60分) 公共交通オープンデータの 観光・MICE産業への活用
 坂村 健 (東京大学大学院情報学教授)
‐パネルディスカッション
モデレータ:長谷智弘(龍谷大学教授)
パネリスト:今川拓郎(総務省情報流通行政局 情報流通振興課長),
 滝澤 豪 (経済産業省商務情報政策局 情報処理振興課長),
 田中由紀 (観光庁 参事官),溝畑 宏 ((公財)大阪観光局 理事長)
■参加費:参加費無料
■申込締切日:2016年8月26日(金)
※詳細は以下ページ(関連部分は末尾)をご覧ください。
http://osakamice2016.com/

2月研究会が無事終了

IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催2月研究会は2016年2月17日に開催しました。


1月研究会が無事終了

IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会は2016年1月22日に開催しました。


GCCE 2015が無事終了

第4回GCCEを10月27日から30日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催しました。
次回のGCCE2016は京都にて10月11日から14日に開催予定です。ご投稿・ご参加を心よりお待ちしております。

1月研究会が無事終了

IEEE CEソサイエティ西日本合同チャプタ主催1月研究会は2015年1月23日に開催しました。


GCCE2014が無事終了

第3回GCCEを10月7日から10日に幕張メッセ・国際会議場で開催しました。
次回のGCCE2015は大阪にて10月27日から30日に開催予定です。ご投稿・ご参加を心よりお待ちしております。



IEEE Consumer Electronics Society West Japan Joint Chapterの設立総会が終了

 設立総会を2014年3月22日に埼玉大学東京ステーションカレッジで開催しました。
 CE SocietyのPresidentであるStefan Mozar氏にご挨拶いただき、CE SocietyのVice PresidentであるProf. Sung-Jea KoおよびCE Society East Japan Joint Chapter のChairであるDr. Haruhiko Okumuraから祝辞をいただきました。また、名古屋工業大学・桜井教授から「テレビジョン: 過去、現在、未来」と題して記念講演をいただきました。


GCCE2013が無事終了

第2回GCCEを10月1日から4日に幕張メッセ・国際会議場で開催しました。
今回はAward Session, Young Award Session,2つのPoster Session(56件)を含む27セッションを開催,240件の論文が発表されました。



GCCE2012が無事終了

第1回GCCEを10月2日から5日に幕張メッセ・国際会議場で開催しました。
これから毎年10月にIEEE主催の国際会議として日本で開催します。

今回はAward Session, Young Award Session,2つのPoster Session(50件)を
含む34セッションが開催されました。
また、10/2にはサムスンエレクトロニクス専務のハン・カブス氏による招待講演、
10/3にスマートプロジェクト代表・加藤敏晴氏、ドコモエンジニアリング社長・辻村清行氏、
山形大学・城戸淳二教授らによる基調講演を、10/4に東京電機大学・安田浩教授による基調講演と
NHK技研・藤沢秀一氏らを迎えたシンポジウム「テレビの未来」を、
10/5には東京大学・坂村教授による基調講演と日本マイクロソフトCTO加治佐俊一氏らを
迎えたシンポジウム「家電の未来」を開催した。
http://www.ceatec.com/2012/ja/conference/conference_detail.html?lectue_id=00G01
http://www.ceatec.com/2012/ja/conference/confTrackList.html?confkind=SP



GCCE2012 Openning

10/4の特別シンポジウム パネリスト

パネルセッション

BanquetAwardの記念撮影

Reception
なお、論文賞はExcellent Paper Award (1st, 2nd, 3rd),Outstanding Paper Award,
Student Paper Award (1st, 2nd, 3rd), Outstanding Poster Awardがあり, それぞれ以下の方々が授与されました。

1st Prize Excellent Paper Award to Wonhee Choe, Sungchan Park, Hyun-Hwa, Oh Seong-Deok Lee, Changyeong Kim
“Active Motion High Dynamic Range Imaging for Digital Still Camera”
2nd Prize Excellent Paper Award to Hyunho Kang, Yohei Hori, Akashi Satoh
“Performance Evaluation of the First Commercial PUF-embedded RFID.”
3rd Prize Excellent Paper Award to Shigeru Owada, Fumiaki Tokuhisa
“Kadecot: HTML5-based Visual Novels Development System for Smart Homes”

Outstanding Paper Award to Tetsushi Watanabe, Shinsuke Kobayashi, Noboru Koshizuka, Ken Sakamura
“A Low Latency and Intuitive Control Video Streaming System”
Outstanding Paper Award to Tohru Nakanishi, Ken Oguro, Minoru Sunadome, Mitsugi Takita
“Optimization Approach of LCD Hinge Bracket with Numerical Analysis for Mobile Notebook”

1st Prize Student Paper Award to Yu-Jung Chen, Jong-Chyi Su, Chia-Ming Chang, Yen-Chang Lu, Shao-Yi Chien
“Configurable Pixel Shader Workload Reduction Technique for Mobile GPUs”
2nd Prize Student Paper Award to Kanae Matsui, Hideya Ochiai, Yoshiki Yamagata, Hideki Sunahara
“Power Consumption Monitoring and Visualizing System for the Effective Use of Photovoltaic Power Generation in Households”
3rd Prize Student Paper Award to Ryo Wataya, Daisuke Iwai, Kosuke Sato
“Ambient Sensing Chairs for Audience Emotion Recognition by Finding Synchrony of Body Sway”

Outstanding Poster Award to Kayo Ogawa, Naoko Sakata, Tomoko Muraiso, Takashi Komuro
“Input Action Classification in a 3D Gesture Interface for Mobile Devices”
Outstanding Poster Award to Naoki Shinmen, Tadashi Ebihara, Koichi Mizutani
“Software-based Modem for Near Field Acoustic Communication”
Outstanding Poster Award to Masaya Ohta, Ryuta Yokomichi, Masataka Motokurumada, Katsumi Yamashita
“A Photo-Based Augmented Reality System with HTML5/JavaScript”
Outstanding Poster Award to Takuya Sato, Takeshi Nagasaki, Masashi Toda, So Otsuka
“Simple Three-Dimensional Measurement Method for Vehicle Using A Monocular Camera”
Outstanding Poster Award to Yu-Hsiang Yu, Chi Fu-Hsiang, Chih-Li Huo, Tsung-Ying Sun
“A Self-Calibrating Distance Lookup Method For Camera-Equipped Vehicular System”
Outstanding Poster Award to Keiko Maki, Mikio Aoyama
“Kikubari: A Method for Provisioning Dynamic Context-Aware Services Based on the Intentions"

また,今年度は公益財団法人・電気科学技術奨励会から電気科学技術奨励学生賞が授与されました。

Ali Al-Uraiby (University of Arkansas at Little Rock, USA)
“FPGA Implementation of Low-profile Wake-up Radio Receiver for Wireless Sensor Networks”
Chih-Li Huo (University of Dong Hwa, Taiwan)
“Lane Departure Warning System based on Dynamic Vanishing Point Adjustment”
Ryo Wataya
“Ambient Sensing Chairs for Audience Emotion Recognition by Finding Synchrony of Body Sway”
Kazutoshi Fukui (Hiroshima City University, Japan)
“Improvement of Sound Quality Using Support System for Speech Disorders”
Satoru Izumi (Tohoku University, Japan)
“A Proposal of Green-oriented Management Information Base (G-MIB) and Its Development”


今までの活動

2014年2月21日 研究会
2012年10月1日-10月4日 国際会議GCCE2013開催
2013年3月14日 研究会
2012年10月2日-10月5日 新国際会議GCCE2012開催
2011年12月12日 新国際会議GCCE2012の紹介およびISCE2012 若手論文賞 受賞者表彰
2011年10月21日 技術講演会 ISCE2011&ICCE-Berlin 2011の全体報告および日本からの発表者の講演
2010年12月17日 研究会 Consumer Electronics Society 会長Stephen Dukes氏による講演会
2010年11月24日 技術講演会
ISCE2010 若手論文賞 受賞者表彰
2009年10月  IEEE関西支部 第1回設立総会
2009年5月25日〜28日 ISCE2009開催
 ISCE2009HP http://www.isce2009.ryukoku.ac.jp/jpn/index.html