(更新日:2016127日)

 

IEEE Consumer Electronics Society East Joint Japan Chapter

 

IEEE Consumer Electronics Society East Joint Japan Chapterでは日本国内で他学会と共催して研究会を開催しているほか、毎年米国で開催されるIEEE ICCE(International Conference on Consumer Electronics)をサポートし、ICCEで優秀な論文を発表する日本の若手大学関係者を対象に若手論文賞を授与しています。

 

ニュース

u  Consumer Electronic Societyの東日本Chapter Chairの奥村治彦博士(東芝)が、IEEE Fellowに昇格しました。

 

ICCE2016(IEEE International Conference on Consumer Electronics 2015)

 

主   催: IEEE Consumer Electronics Society

開催日時 January 8-11, 2016

開催場所 Las Vegas, USA

Co-located with the International Consumer Electronics Show

発表分野: Health &Wellness, Games, Energy Management, Entertainment & Services, A/V Systems,

RF &Wireless, Network Technology, Automotive Entertainment, Safety & Information, Enabling Technology

 

 *********

  ICCE2016における最新の全体技術動向について下記の合同研究会で報告を行います。

  http://www.ite.or.jp/ken/program/index.php?tgs_regid=5e2e1c190b4f672be2b4da5985d77859aa3dd665352725f1ad6fd6f2c5aefc7e&tgid=ITE-ME&lang=

  ご興味のある方は、奮ってご参加ください。

  共催研究会

  マルチメディアストレージ研究会(MMS
  ヒューマンインフォメーション研究会(HI
  コンシューマエレクトロニクス研究会(CE
  メディア工学研究会(ME
  映像表現&コンピュータグラフィックス研究会(AIT
  ★ITS研究会(IEICE-ITS
  画像工学研究会(IEICE-IE
 日時 2016 222() 09151645
    2016 223() 09151245
 会場  北海道大学情報科学研究科(http://www.ist.hokudai.ac.jp/access)
 議題  画像処理および一般
 ICCE2016に関連する発表は以下の通り。 
  222日(月)10:30-12:00のセッション
  (28)CE 10:30-11:00
     民生用電子情報機器に関する国際会議ICCE2016特集 〜 ICCE2016の全体技術動向 〜  
       奥村治彦(東芝)
  (29)CE 11:00-11:15 
    Petri Net-based Service Personalization for the Internet of Me  
       ○Mohd Anuaruddin Bin AhmadonShingo YamaguchiYamaguchi Univ.
  (30)CE 11:15-11:30 
    高速高効率太陽光パネル模擬電源システムの開発と動作検証 〜 ICCE特集 〜  
       黒川恭平・乾 貴志・林 磊・福井正博(立命館大)
  (31)CE 11:30-11:45 
    SHVCのエンハンスメントレイヤ符号化時における低演算アルゴリズムに関する研究  
       片山貴文・石 文・宋 天・島本 隆(徳島大)
  (32)CE 11:45-12:00 
    脈波センサ埋め込み型ビデオゲームコントローラの開発  
       阿部恵里花(京大)・千明 裕(NTT)・藤原幸一・加納 学(京大)・山川俊貴(熊本大)

 *********

 

IEEE CE East Joint Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award

 IEEE Consumer Electronics Society East Joint Japan Chapterが主催している取り組みです。詳細は以下の通りです。

IEEE CE East Joint Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award」とは

 ICCEで優秀な研究発表を行った日本の若手大学研究者を表彰する賞です。IEEE支部支援活動の一環としてIEEE日本支部が費用を拠出し、CE East Joint Japan Chapterが授与します。

【受賞資格】

1.論文の著者でかつ実際の講演者であり、35歳以下で、日本の大学に在籍する者

2.IEEE会員、もしくは受賞時点までに会員申請を済ませている者

【選考】 ICCE国内プログラム委員会にて選出

【人数】 4名以内(毎年)

【賞品】 賞状、および渡航費補助として賞金1万円(2013年より変更)

【応募・推薦】

ICCEに論文が採択され、かつ上記の受賞資格を満たせば自動的に選考対象となるため、本賞への応募・推薦等の必要はありません。奮ってICCEへ投稿ください。

 

過去の受賞者

2016(4名)

Katayama.JPG

片山 貴文 (徳島大学)TAKAFUMI KATAYAMA

Co-author: Tian SONG, Wen SHI, and Takashi SHIMAMOTO

Low-Complexity Intra Coding Algorithm in Enhancement Layer for SHVC

Abe.JPG

阿部 恵里花 京都大学Erika Abe

Co-author: Hiroshi CHIGIRA, Koichi FUJIWARA, Toshitaka YAMAKAWA, and Manabu KANO

“Development of Photoplethysmogram Sensor-embedded Video Game Controller”

Kurokawa.JPG

黒川 恭平(立命館大学)KYOHEI KUROKAWA

Co-author: Takashi INUI, Lei LIN, and Masahiro FUKUI

Development and Evaluation of a Photovoltaic Emulation System

Ahmadon.JPG

Mohd Anuaruddin Bin Ahmadon(山口大学)MOHD ANUARUDDIN BIN AHMADON

Co-author: Shingo YAMAGUCHI

On Service Personalization Analysis for the Interest of Me Based on PN2

 

 

 

2015(4名)

安井 宏友 (東京理科大学)HIROTOMO YASUI

Co-author: Akira Nakamura, Kohei Ohno, Makoto Itami

Reducing Impulsive Noise in OFDM Transmission Using Higher Order Modulation

 

Duc V. Nguyen 会津大学Duc V. Nguyen

Co-author: Nguyen Dung, Huyen Trần, Pham Ngoc Nam, Anh T. Pham, Truong Cong Thang

Quality-Delay Tradeoff Optimization in Multi-Bitrate Adaptive Streaming

 

 

荒谷 光 (法政大学)AKIRA ARATANI

Co-author: Atsushi Kanai

Authentication Method Against Shoulder-Surfing Attacks Using Secondary Channel

 

高田 涼生 (早稲田大学)RYOKI TAKADA

Co-author: Shota Orihashi, Yasutaka Matsuo, Jiro Katto

Improvement of 8K UHDTV Picture Quality for H.265/HEVC by Global Zoom Estimation

 

2014(4名)

村松 大陸(東京大学)DAIROKU MURAMATSU

Co-author: Fukuro KOSHIJI, Kohji KOSHIJI, Ken SASAKI

Input Impedance Analysis of Wearable Antenna and Its Experimental Study with Real Human Body

 

石川 武道法政大学TAKEMICHI ISHIKAWA

Co-author: Shuma Yokoyama, Noboru Harashima, Dai Takahashi, Jun Shiozawa, Michitaka Yoshino, Akira Yasuda

A Highly Directional Speaker with Amplitude-Phase Control Using a Digitally Direct-Driven System

 

大越 喬介(名古屋工業大学)KYOSUKE OHKOSHI

Co-author: Masanao Sawada, Tomio Goto, Satoshi Hirano, Masaru Sakurai

Blind Image Restoration Based on Total Variation Regularization and Shock Filter for Blurred Images

 

中村 聡(東京理科大学)AKIRA NAKAMURA

Co-author: Makoto Itami

Zero-Forcing ICI Canceller Using Iterative Detection for Mobile Reception of OFDM

 

2013(3名)

山村 勇太(早稲田大学)YUTA YAMAMURA

Co-author: Shinya Iwasaki, Yasutaka Matsuo, Jiro Katto

“Quality Assessment of Compressed Video Sequences Having Blocking Artifacts by Cepstrum Analysis”

 

脇坂 優樹(電気通信大学)YUUKI WAKISAKA

Co-author: Hiroyuki Kasai

“Development of HTTP-based Multivision Video Streaming Server and Benchmark Evaluation”

 

アナク アグン ゲーデ ダルマ サテイーア(九州大学)ANAK AGUNG GEDE DHARMA SATYA

Co-author: Kiyoshi Tomimatsu

An Interactive Toolkit for Designing Vibrotactile Haptic Messages”

 

2012(4名)

作田 泰隆(名古屋工業大学)YASUTAKA SAKUTA

Co-author: Asami Tsutsui, Tomio Goto, Masaru Sakurai, Ryuji Sakai

“Super-Resolution Utilizing Total Variation Regularization on CELL Processor”

 

馬 子驥(奈良先端科学技術大学院大学)ZIJI MA

Co-author: Tomonori Sato, Minoru Okada

“Compressed Sensing Based ICI Cancellation Method for OFDM Systems”

 

ワットカナッド ウィラポーン(電気通信大学)VERAPORN WATKANAD

Co-author: Hiroyuki Kasai

Study of Visual Attention on Multiple Video Sequences”

 

藤田 邦光(富山大学)KUNIMITSU FUJITA

Co-author: Masaya Kato, Tatsuya Furukane, Keiji Shibata, Yuukou Horita

Tram Location and Route Navigation System Using Smartphone”

 

2011(4名)

古金 達也(富山大学)TATSUYA FURUKANE

co-author: Keiji Shibata, Yuukou Horita

T11-S06 “Distinction of Road Surface Conditions at Nighttime Using  Brightness Co-Occurrence Matrix”

 

成松 宏美(電気通信大学)HIROMI NARIMATSU

co-author: Hiroyuki Kasai, Ryoichi Shinkuma

T09-S2 “Location-Based Distributed Mobile Storage Using Short-Range Wireless Communication”

 

鈴木 彰太郎(名古屋工業大学)SOHTARO SUZUKI

co-author: Tomio Goto, Satoshi Hirano, Masaru Sakurai

T01-S5 “New Learning-Based Super Resolution Utilizing Total Variation Regularization Method”

 

北村 卓也(東京理科大学) TAKUYA KITAMURA

co-author: Kohei Ohno, Makoto Itami

T08-S05 “Iterative Impulsive Noise Reduction by Generating Its Replica Signal in OFDM Reception”

 

2010(1名)

馬谷 輝彦(東京理科大学) TERUHIKO UMATANI

co-author: Kohei Ohono, Makoto Itami

3.3-2 “A Study on Schemes of Reducing Influence of Impulse Noise in OFDM under Multi-path Channel”

 

2009(2名)

侯 亜飛(龍谷大学) YAFEI HOU

co-author : Tomihiro Hase

9.3-2 “New OFDM System without Guard Interval”

 

鈴木 彰仁(芝浦工業大学) AKIHITO SUZUKI

co-author : Kenta Senda, Masahiro Inoue

P-3-18 “Study on the coexistence of two types of PLCs in HF Band”

 

2008(4名)

王 元綱 (早稲田大学) YUAN-KANG WANG

co-author : Akiko Seki, Wataru Kameyama

1.1-1 “A Proposal on Video Editing System Coping with Rights Inheritance Management for Secondary Content”

 

大久保 隆 (東京理科大学) TAKASHI OKUBO

co-author : Makoto Itami

3.2-2 “A Study on Cooperative Reception of One Segment ISDB-T”

 

加賀 陽介 (北海道大学) YOSUKE KAGA

co-author : Miki Haseyama

P2-14 “Two-Phased Region Integration Approach for Effective Pedestrian Detection in Low Contrast Images”

 

木村 修哉 (龍谷大学) SYUYA KIMURA

co-author : Takako Nonaka, Tomohiro Hase

P4-23 “Remote Control Generating Dynamic User Interface Corresponding to Audio Visual System Configuration”

 

 

―――――――――――― 2014年の活動 ―――――――――――――

 

2014124

テーマ:映像情報機器および一般

開催場所:大阪・パナソニック企業年金基金 松心会館

発表件数:8

主  催:映像情報メディア学会コンシューマエレクトロニクス研究会/マルチメディアストレージ研究会、電子情報通信学会磁気記録・情報ストレージ研究会

 

2014214

テーマ:コンシューマ機器および一般(ICCE特集)

開催場所:東京・NHK放送技術研究所 

発表件数:7

主  催:映像情報メディア学会マルチメディアストレージ研究会/コンシューマエレクトロニクス研究会

 

201437

テーマ:ディスプレイ材料・製造技術シンポジム

開催場所:東京・機械振興会館

発表件数:6

主  催:映像情報メディア学会情報ディスプレイ研究会

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

―――――――――――― 2015年の活動 ―――――――――――――

 

  2015223-224

   ICCE2015における最新の全体技術動向と発表内容について下記の合同研究会で報告。

   共催研究会

  マルチメディアストレージ研究会(MMS
  ヒューマンインフォメーション研究会(HI
  コンシューマエレクトロニクス研究会(CE
  メディア工学研究会(ME
  映像表現&コンピュータグラフィックス研究会(AIT
  ★ITS研究会(IEICE-ITS
  画像工学研究会(IEICE-IE
  会場  北海道大学情報科学研究科(http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/campusmap/#access
  ICCE2015のセッションは以下の通り。 
   ・ICCE2015特集 〜 ICCE2015の全体技術動向 〜 奥村治彦(東芝)
   ・放送通信連携サービスにおける個人情報保護システム 大竹 剛・小川一人(NHK
   Young Scientist Paper Award受賞の関連発表(2件)
   ・Quality-Delay Tradeoff Optimization in Multi-Bitrate Apdative Streaming
          ○Duc V. NguyenThe Univ. of Aizu), Nguyen Dung, Pham Ngoc NamHanoi Univ.of Sci.),
          Anh T. Pham, Truong Cong ThangThe Univ. of Aizu
   ・Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel
          ○Akira ArataniAtsushi KanaiHosei Univ.

 

 

2015年役員

Chair 奥村 治彦 Okumura Haruhiko(東芝)

Vice Chair 一色 史雄 Issiki Fumio(ファインキット)

Secretary 苗村 昌秀 Naemura MasahideNHK

Treasurer 村松 英治 Muramatsu Eiji(パイオニア)