電子情報通信学会EMCJ会員各位

 

  2 IEEE EMCシンポジューム2012Pittsburgh)報告会のご案内

 

 

                     IEEE EMC Society Japan Chapter

                     Chair 和田 修巳

                     IEEE EMC Society Sendai Chapter

                     Chair 嶺岸 茂樹

 

IEEE EMCソサイエティジャパンチャプタ・仙台チャプタでは、

IEEE EMCシンポジューム(Pittsburgh2012の日本語による報告会を開催いたし

ます。

 

本講演会はIEEE会員/非会員に関わらず、

どなたでも自由に参加頂けます(参加費無料、要申込み)。

報告会後に懇親会(参加費2,000円、要申込み)もあわせて開催いたしますので、

皆様の多数のご参加をお待ちしております。

 

開催日時: 2012127日(金) 1430-1750 

 

開催場所: 日立製作所 横浜研究所 南棟602会議室

   所在地 http://www.hitachi.co.jp/rd/perl/location.html

 

プログラム(順番は前後する可能性有り、1件25分 Q&A含む)

 

・開会挨拶                                      

 

1Measurement Based Modeling of Dual Loop Magnetic Near-Field Probe

(デュアルループ型近傍磁界プローブの実測によるモデル化)

                                          船戸裕樹 日立製作所  横浜研究所

 

2Unified Circuit Modeling Technique for the Simulation

 of Electrostatic Discharge (ESD) Injected by an ESD Generator                     

(静電気発生器による放電電流を解析するための統合的回路モデリング手法)

                                          關根惟敏 静岡大学

 

3Feasibility of Fault Analysis Based on Intentional Electromagnetic

Interference                                   

(電磁波を用いた故障利用解析攻撃のフィージビリティに関する研究)

                                          高橋順子 NTTセキュアプラットフォーム研究所 

 

4Effects of Critically Damped Total PDN Impedance

 in Chip-Package-Board Co-Design                                        

(チップ、パッケージ、ボードの協調設計における電源インピーダンスの抑圧効

果について)

                                          小林 遼太 芝浦工業大学

 

5An Efficient Method for Estimating the Area of Information

  Propagation through Electromagnetic Radiation

(電磁波を通じた情報漏えい伝搬範囲の効率的な推定法)

                                          林 優一  東北大学

 

6Efficient mapping of EM radiation associated with information leakage

  for cryptographic devices

 (暗号機器上の情報漏えいを含む電磁界分布図作成の効率化の検討)

                                          林 優一  東北大学

                                         

7A Fault Model for Conducted Intentional ElectroMagnetic Interferences

(意図的な電磁妨害を用いた故障利用解析の検討)

                                          林 優一 東北大学

*但し、No.5-71件として報告*

 

8Equivalent Current Source of Side-channel Signal

"for Countermeasure Design with Analog Circuit Simulator"

(アナログ回路シミュレーションを用いた対策設計を目的とした

サイドチャネル信号の等価電流源モデル)

                                          五百旗頭 健吾  岡山大学

 

9Experimental Model Validation of Mode-convesion Sources

 "Introduced to Modal Equivalent Circuit"

(モード等価回路に導入したモード変換励振源の実験的検証)

                                          五百旗頭 健吾 岡山大学

 

 

・閉会挨拶

 

・懇親会 (南棟6F 601会議室)1800-1900

 

 

■懇親会参加費(当日):2,000                                                          

                                                                     

■お問い合わせ&お申し込み先                                                              

・入門登録の関係で以下をご返送ください。

                           

─────(回答欄:〆切り1122()中)───

 ◇ 御氏名 (       )

 ◇ 御所属 (       )

 ◇ 報告会に 参加します 欠席します

 ◇ 懇親会に 参加します 欠席します

────────────────────────

 お申し込み、ご不明な点などございましたら以下までご連絡ください。                                                                  

 (ご回答いただいた方で変更がなければ再度の回答は不用です。)

 

 上田佳子(日立製作所横浜研究所)                                                          

  mailto:yoshiko.ueda.myhitachi.com   (アトマークは半角でご使用ください。)                                             

  電話:045-860-1655                                                                      

 

 IEEE EMC Society Japan Chapterセクレタリ,日立製作所横浜研究所

 大坂英樹                                       

  mailto:hideki.osaka.unhitachi.com    (アトマークは半角でご使用ください。)