2013年受賞者 (Updated at 2014-03-31 (Mon) 18:06:57)

第28回ファジィシステムシンポジウム2012(FSS2012)

  • 2012年9月12日~14日に開かれたFSS2012での該当者から以下の1名が選ばれました。

蓮池隆氏(大阪大学),投資家の主観性を導入した平均分散理論の拡張による均衡価格の導出

YRA2012FSS.JPG
蓮池氏の受賞写真

ニューロコンピューティング(NC)研究会

  • 2012年の3月から2013年の1月までのNC研究会における該当発表者から6名の 受賞者が選定されました.受賞者は下記の通りです. 2013年3月14日に, 玉川大学で開催されたNC研究会の懇親会にて, 授賞式が開催されました.

井上康之(電通大),ヒトの予測的な運動制御における視覚情報の効果

小野司寿加(早稲田大),ハプロタイプ推定に対するモーメント母関数を用いたアプローチ

徳田 悟(東大),動径基底関数ネットワークにおける学習係数の数値的導出

中田悠介(筑波大),図方向知覚を生起する周辺変調構造のSVMによる数理的解析

宮田龍太(東工大),相互情報量最大化による海馬CA1ネットワークのシナプス可塑性様式の予測

横山幸大(大阪大),固視微動下で動物体を検出する網膜神経回路の実時間エミュレーション


Attach file: fileYRA2012FSS.JPG 1094 download [Information]

Last-modified: 2014-03-31 (Mon) 18:06:57 (1302d)