YRA 2008年受賞者

進化計算研究会

  • 2008年12月20日-21日に開催された進化計算シンポジウム2008で口頭発表された研究の中から,12月21日に開催された表彰委員会で,厳正なる審査を行った.研究内容の新規性と将来性を特に考慮して選考した結果,進化計算部門のYoung Researcher Awardの受賞者は下記の研究とすることが決定された.

佐久間淳(東工大) 進化計算とプライバシ保護

  • 進化計算研究会YRA表彰委員会
    委員長石渕 久生 大阪府立大学
    委員伊庭 斉志 東京大学大学院
    小林 重信 東京工業大学
    高木 英行 九州大学
    半田 久志 岡山大学
    廣安 知之 同志社大学
    棟朝 雅晴 北海道大学

SCIS&ISIS2008

  • 2008年9月17日-21日に開催されたJoint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2008)にて口頭発表された候補者の中から以下の2名にCISJ-YRAを授与した.

Norihiko Sugimoto, Nagoya University, Application of high speed spherical self-organizing map to climate research

Yukimasa Nakano, Tokyo University, A complex-valued self-organizing map and its modifications to enhance visualization ability in adaptive ground penetrating radar systems

NC研究会

2007年度受賞者8名のうち,NC研究会5月から1月までの該当発表者のうちから4名の受賞者が選奨され,NC研究会3月(玉川大学)の懇親会にて授賞式が開催されました.受賞者は下記のようです(敬称略).

竹内一郎 (三重大学) 最近傍分類器の分類誤差を用いた遺伝子グループの有意性検定に関する一考察

松原崇充(奈良先端大) The Policy Gradient On The Average Reward Manifold

下ノ村和弘(大阪大学) ロボットビジョンを用いた脳内両眼立体視機構のエミュレーション

大泉匡史(東京大学) 確率的なニューラルネットワークモデルにおけるフィッシャー情報量

yra07-pic-m.jpg
授賞式にて(左端はIEEE CISJ Chairの萩原先生)


Attach file: fileyra07-pic-m.jpg 1524 download [Information] fileYRA-EC-08-2.JPG 1594 download [Information] fileYRA-EC-08-1.JPG 1611 download [Information] fileyra08.jpg 1753 download [Information] fileyra-SOFT-08.jpg 399 download [Information]

Last-modified: 2010-03-01 (Mon) 23:30:25 (2793d)