IEEE関西支部技術講演会 企画実施要領

IEEE関西支部
Technical Program Committee
2009年3月4日

1.受付、承認の手続き

(1)受付:

IEEE関西支部役員、関西支部メンバー等から下記提案項目に基づいて、2.に記載する、IEEE関西支部のTechnical Program Committee(TPC)に提案する。

IEEE関西支部主催 技術講演会として推薦する内容

  • 講演者氏名、所属
  • 講演予定日時、場所・講演予定内容(タイトル、アブストラクト)(英文可,200-300words)
  • 講演者略歴(英文可, 100-300words)
  • IEEE会員へのメリット(会員への講演の関連性、推薦のことば)
  • 推薦者氏名、所属、(IEEE関西支部役職)
  • 担当者氏名・連絡先 (tel, fax, e-mail)
  • 共催とする場合の共催組織名

(2)承認:

  1. TPCは、講演内容の重要性、貴重性、関連性などを検討する。
  2. IEEE関西支部技術講演会として適当であると判断した場合、TPC委員長が、IEEE関西支部理事会に提案する。判断材料として、講演者の経歴、講演内容、推薦文などを用いる。

(3)企画:

支部でOKがでれば、推薦者、講演者、会場提供者とTPCが連絡をとって講演会詳細を詰めて、案内文を作成する。

(4)案内:

案内文を支部General Secretaryに送付して、WWW掲載、e-mail配布を依頼する。

(5)参加受付:

TPC Secretaryが参加申し込みを受付ける。

(6)会場準備:

会場を提供する組織が、案内・受付スタッフを出す。

(7)当日運営:

IEEE関西支部挨拶、司会者などは(共催者間で相談して)柔軟に運用、なるべくTPCから司会者または挨拶者を出す。
参加者には名簿に記入していただく。(参加者数の把握とデータベース化)

(8)費用負担:

IEEE関西支部は謝礼を出すことができる。
ただしIEEE FellowおよびIEEE Distinguished Lecturerは無料奉仕として謝礼は支払わない。
IEEE は交通費、会場費を含め、その他の費用を原則として負担しない。

(9)事後報告:

TPCはIEEE関西支部総会で、年間の開催実績を報告する。

2.Technical Program Committee Members (2015-2016)

  • Chair: 程 俊 (同志社大学 jcheng<at>mail.doshisha.ac.jp)
  • Vice Chair: 田邉 信二 (三菱電機 Tanabe.Shinji<at>dh.MitsubishiElectric.co.jp)
  • Secretary: 路 姍 (同志社大学 jcheng<at>mail.doshisha.ac.jp)

ページのトップへ

Copyright© IEEE Kansai Section All Rights Reserved